Withコロナ時代に他社がどのような戦略を取っているのか気になりませんか?
この記事ではWebアプリ開発・運営会社のインサイドセールス部隊がどのような戦略をとっているのか4社の例をご紹介します。

インサイドセールスの営業手法はwith コロナでこうなった

S社の場合

インサイドセールスチームはホワイトペーパーや自社のフォームからの問い合わせに対しての営業活動がほとんど。テレアポや飛び込みなどのアウトバンド営業は全くしていない。

M社の場合

新規のテレアポはやめた。テレアポをする場合はリサイクルリストからのみに。インサイドセールス はフォームなどからの問い合わせ対応やセミナーでのアポ獲得がほとんど。

B社の場合

テレアポ業務を代行業社に委託していたがwithコロナ時代になってから停止した。セミナーもオフライン、オンラインともに中止。インサイドセールスは問い合わせ対応、フォームDMや紹介営業に。現在では問い合わせ数が業務委託のテレアポより多い状況に。

N社の場合

テレアポでのアポ獲得率は下降傾向にあるがテレアポを継続中。フォームDMやホワイトペーパーからのお問い合わせ数がなかなか伸びない。オンラインセミナーでのアポ獲得率や紹介営業が好調。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

企業の規模や、顧客数は様々な4社ですが、テレアポに頼らない傾向がwithコロナで加速したそうです。しかし、電話でのサポートへの問い合わせ件数は増加にあるようですよ。

御社の戦略立案の参考になれば幸いです。